大学ラグビー部、我慢の夏…早慶明が地方での強化合宿を中止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

熱中症対策のため、帽子をかぶって練習に励む早大ラグビー部の選手たち(東京都内の早大グラウンド)
熱中症対策のため、帽子をかぶって練習に励む早大ラグビー部の選手たち(東京都内の早大グラウンド)

 新型コロナウイルスの感染拡大が、学生スポーツに影を落としている。日本体育大レスリング部、天理大ラグビー部などで集団感染が発生。身体的接触を伴うラグビーでは、伝統校が地方での強化合宿を断念するなど、いつもと違う夏を送っている。

 15日、東京都内にある早稲田大のラグビー部グラウンド。選手たちは強烈な日差しが照りつける中、帽子をかぶって練習に取り組んでいた。昨季大学日本一の名門にとって、夏は冷涼な長野・菅平高原で練習試合を重ね、秋のシーズン開幕へ向けて鍛錬するのが恒例だった。しかし、今年は大学当局の「大人数による移動や宿泊による感染リスクを避けるべきだ」との方針を受け、合宿を見送った。

残り:622文字/全文:918文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1420960 0 その他 2020/08/20 00:13:00 2020/08/20 00:41:41 2020/08/20 00:41:41 東京都内のグラウンドで練習に励む早大ラグビー部の選手たち https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200819-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ