読売新聞オンライン

メニュー

感染の男子選手と長期接触、女子複第1シードが棄権…全米テニス

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=福井浩介】テニスの全米オープン主催者は5日、新型コロナウイルスに感染した選手との接触で会場入りが認められなくなったとして、女子ダブルス第1シードのクリスティナ・ムラデノビッチ(仏)、ティメア・バボシュ(ハンガリー)組が大会を棄権したと発表した。

 ムラデノビッチが、開幕前に感染で棄権した男子のベノワ・ペール(仏)と長期にわたって接触していた。

 3日までにシングルス2試合、ダブルス1試合に出場し、5日にダブルス2回戦を予定していたが、地元衛生当局の指示により自室で隔離されることになった。

無断転載・複製を禁じます
1457944 0 その他 2020/09/06 10:26:00 2020/09/06 10:50:49 2020/09/06 10:50:49

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)