読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

桐生が10秒27で6年ぶりV、2位は100分の1秒差のケンブリッジ…日本選手権100m

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上の日本選手権第2日が2日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われ、男子100メートル決勝で桐生祥秀(日本生命)が10秒27(向かい風0・2メートル)で6年ぶりの優勝を飾った。2位はケンブリッジ飛鳥(ナイキ)で10秒28。小池祐貴(住友電工)が10秒30で3位に入った。

 女子1500メートル決勝では田中希実のぞみ(豊田自動織機TC)が4分10秒21で初優勝した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1517898 0 その他 2020/10/02 20:44:00 2020/10/03 00:32:37 2020/10/03 00:32:37

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)