東京マラソン、来年3月から10月17日に延期…一般ランナー参加の通常開催前提

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京マラソン財団は9日、都内で臨時理事会を開き、来年3月7日に予定されていた東京マラソン(読売新聞社など共催)を、一般ランナーも参加する通常規模での開催を前提に、10月17日へ延期することを決めた。2022年大会は通常時期の3月6日とした。

 今年3月の大会は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一般部門を取りやめ、エリート部門のみで開催。財団は政府による渡航制限やイベントの参加人数制限が続く現況を踏まえ、従来の3月開催では国内外から約3万8000人の一般ランナーが参加する形での通常開催は困難とみて、来秋への延期を決断した。

 今年の大会に参加予定だった一般ランナーは、21、22年大会のどちらかに出場できる権利を持ち、財団は来年1月に各ランナーの意向を確認した後、残りの出場枠を募集する。

無断転載・複製を禁じます
1534366 0 その他 2020/10/09 16:09:00 2020/10/09 18:24:40 2020/10/09 18:24:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ