筑波大の高良彩花、女子走り幅跳び連覇…関東学生対校選手権

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上・関東学生対校選手権第2日(10日・相模原ギオンスタジアムほか=読売新聞社など後援)――女子走り幅跳びは、今年の日本選手権を制した高良彩花(筑波大)が6メートル09(追い風3・1メートル=参考記録)で2連覇を果たした。男子100メートルは鈴木涼太(城西大)が10秒32(追い風2・8メートル=参考記録)で優勝。2連覇中だった宮本大輔(東洋大)は決勝を棄権した。

無断転載・複製を禁じます
1537928 0 その他 2020/10/10 19:51:00 2020/10/10 19:51:00 2020/10/10 19:51:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ