「全速ターン」で通算優勝142回、競艇界のレジェンド引退…市長に報告

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ボートレース界の「レジェンド」と称され、今月引退した山口県山陽小野田市出身の元ボートレーサー今村豊さん(59)が14日、下関市役所を訪れ、前田晋太郎市長に引退を報告した。

引退を報告する今村さん(左)
引退を報告する今村さん(左)

 今村さんは、1981年にデビュー。加速したまま旋回する「全速ターン」の第一人者で、SGレース優勝7回、GIレース優勝48回など、通算優勝回数は142回を数え、生涯獲得賞金は29億4144万円に上る。一般財団法人BOATRACE振興会は功績をたたえ、殿堂入り1号とすることを内定している。

 前田市長から今村さんに感謝状が贈られた。今村さんは「下関は、デビュー当時から早朝練習などをしてきた地元のレース場。下関があったからこそ成績を残すことができた」と思い出を語っていた。

無断転載・複製を禁じます
1553145 0 その他 2020/10/16 14:13:00 2020/10/16 14:13:00 2020/10/16 14:13:00 引退を報告する今村さん(左) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201015-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ