秋華賞、デアリングタクトV…無敗での牝馬三冠は史上初

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

秋華賞で優勝し、史上初の無敗での牝馬三冠を達成したデアリングタクト(18日)=東直哉撮影
秋華賞で優勝し、史上初の無敗での牝馬三冠を達成したデアリングタクト(18日)=東直哉撮影

 中央競馬の3歳牝馬ひんば限定GIレース最終戦、秋華賞が18日、京都競馬場(京都市伏見区)であり、松山弘平騎手(30)が手綱を握る圧倒的1番人気のデアリングタクトが優勝した。

 デアリングタクトは4月の桜花賞、5月のオークスに続いて、3歳牝馬のGIレースを制し、2018年のアーモンドアイ以来2年ぶり6頭目の牝馬三冠を達成した。昨年11月のデビューから5戦全勝となり、無敗での牝馬三冠は史上初の快挙となった。

 25日には京都競馬場で3歳馬のクラシックレース最終戦、菊花賞(GI)が行われる。6戦全勝中で皐月さつき賞と日本ダービーのクラシック二冠を果たしたコントレイルが勝てば、初めて同一年に牝馬と牡馬ぼばの三冠馬が誕生する。

無断転載・複製を禁じます
1557595 0 その他 2020/10/18 16:03:00 2020/10/19 11:31:38 2020/10/19 11:31:38 G1・秋華賞を先頭でゴールし、史上初の牝馬無敗三冠馬となったデアリングタクト(手前、13)(18日、京都競馬場で)=東直哉撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201018-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ