小さな牧場生まれの馬、0歳時は買い手なくても…史上初の「無敗牝馬三冠」達成

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

秋華賞を制したデアリングタクトと松山弘平騎手(18日午後、京都競馬場で)=東直哉撮影
秋華賞を制したデアリングタクトと松山弘平騎手(18日午後、京都競馬場で)=東直哉撮影

 北海道の小さな牧場から始まったシンデレラ物語が、歓喜の瞬間を迎えた。18日に京都市伏見区の京都競馬場で開催された秋華賞(GI)で勝利を飾り、デビュー以来5戦全勝で史上初の無敗牝馬ひんば三冠に輝いたデアリングタクト(3歳)。0歳時の競りでは買い手もつかなかった牝馬が打ち立てた金字塔に、生産地の牧場でも喜びがはじけた。

家族経営の牧場「孝行娘」

 この日、北海道日高町の長谷川牧場では、牧場主の長谷川文雄さん(69)がテレビ中継でレースを観戦。三冠が決まると長谷川さんは「こんな小さい牧場から生まれた馬が、よく三冠を取ってくれた」と涙をにじませた。

 1948年開場の長谷川牧場がサラブレッドの生産を始めたのは約30年前。2代目の長谷川さんと妻の律子さん(69)、母親とパート従業員の4人で営んできた牧場で、毎朝4時に馬に「おはよう」と声をかけ、強い競走馬を作るために、餌になる牧草が育つ土壌や、餌そのものの改良に取り組んだ。しかし、昼夜分かたず働いても家族経営では限界がある。中央競馬のGIレースで勝てる馬を作ることは「夢のまた夢」だった。

 2017年の生産頭数はわずか5頭。その中の小さな牝馬がデアリングタクトだった。「普段は(足元が)フラフラしているけど、こちらが危ないと思うほど跳びはねていた。賢くて、でもそんなに走るとは思いもしなかった」と長谷川さん。

0歳時の競り 買い手つかず

 競走馬は血統や父母の実績などが重視される。デアリングタクトの父はGIで2勝しているが、母はレースで1勝もしていない。そのため長谷川さんらが0歳で売りに出した時は落札されなかった。「悔しさもあったけど、仕方ない思いも強かった」。育成施設で馬の体を鍛え、翌年、1200万円で買われた。同じ競りで落札された1歳馬の平均額は約4600万円。1億円超の買い取り額も珍しくない世界では目立たない存在だった。

 牧場を離れてからも、長谷川さんらは勝利を重ねる姿を見守ってきた。「いつも最後の直線で羽が生えて飛んでいるかのように追い込んでくる。孝行娘です」

 海外から血統に優れた繁殖牝馬を集める大手グループの生産馬が多くのビッグタイトルを手にする時代。デアリングタクトは押され気味の中小の牧場が多い馬産地・日高にとっても希望の星だ。長谷川さんは「日高も盛り上がるし、これからも大舞台で羽ばたいてほしい」と期待を膨らませた。

無断転載・複製を禁じます
1558468 0 その他 2020/10/19 05:00:00 2020/10/19 08:25:10 2020/10/19 08:25:10 G1・秋華賞、デアリングタクトに騎乗して勝利して指を三本突き上げ、史上初の無敗三冠馬となったことを示す松山弘平騎手(18日、京都競馬場で)=東直哉撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201019-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ