落馬で騎手生命絶たれた父と比較され、批判され続け…父も成し得ぬ「三冠」達成

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 25日に京都競馬場(京都市伏見区)で開催された中央競馬の菊花賞(GI)で、優勝したコントレイル(おす3歳)に騎乗した福永祐一騎手(43)が「三冠ジョッキー」の称号を手にした。19歳でデビューしてから25年目。「天才騎手」と呼ばれた父、洋一さん(71)の背中を追い続け、その父も成し得なかった偉業にたどり着いた。

三冠馬となったコントレイルと笑顔を見せる福永祐一騎手(25日、京都市伏見区の京都競馬場で)
三冠馬となったコントレイルと笑顔を見せる福永祐一騎手(25日、京都市伏見区の京都競馬場で)

 中央競馬で、3歳馬のクラシックレース皐月さつき賞、日本ダービー、菊花賞を制した三冠馬はコントレイルが8頭目。騎手は福永騎手が8人目で43歳10か月は最年長だ。レース後、福永騎手は「福永洋一の息子としてこの世界に入り、父が果たすことができなかった夢を自分が果たすことができれば親孝行になると思ってやってきた」と頬を緩めた。

 1970年から9年連続最多勝を獲得した洋一さんは79年のレースで落馬して騎手生命を絶たれた。当時2歳の福永騎手は「(落馬した)レースを見ていないので」と言い、騎手としての父の記憶は明確ではない。

 それでも、洋一さんの長男として96年にデビューすると、父を知る調教師から有力馬を任された。「自分は下手だったけど、『洋一に世話になったから』ということで馬を託してもらっていた」と振り返る。

 騎手として常に洋一さんと比較され「センスがない」と批判された。30歳を過ぎて騎乗フォームを見直し、馬の推進力を引き出す技術を磨いた。「父がいたから自分がいる。一生追い続けても超えられない」。その自覚が成長の糧になった。

 2011年に中央競馬で初の最多勝に輝き、18年には、洋一さんが勝てず「福永家の悲願」としていた日本ダービー初優勝。充実期を迎えた昨年、コントレイルに巡り合った。福永騎手は「天からの授かり物のような幸運を感じる。偉大な父を持つというのはコントレイルと重なるかもしれないけど、自分はそれほどできた息子ではないですね」と三冠達成に笑顔を浮かべた。

無断転載・複製を禁じます
1576892 0 その他 2020/10/26 05:00:00 2020/10/26 08:57:11 2020/10/26 08:57:11 菊花賞を制し、父・ディープインパクト以来となる無敗の三冠馬となったコントレイルとピースサインを見せる福永祐一騎手(25日、京都競馬場で)=東直哉撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201026-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ