読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

体操・内村、3か所の病院で再検査受け全て陰性…前回判定は「偽陽性」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国際体操連盟(FIG)は31日、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定された体操男子の内村航平選手(31)(リンガーハット)が30日に東京都内など3か所の医療機関で再検査を受け、全て陰性だったと発表した。内村選手も出場を予定している国際競技会(11月8日・東京代々木体育館)の医師団は、前回の結果を偽陽性と判断した。

 FIGによると、内村選手を陽性とした病院は保健所に対して判定の取り下げを申請。競技会に備え、内村選手と共に味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC、東京都北区)で合宿生活を送っていた選手らも再検査で陰性だった。

 また、利用停止となっていたNTCの体操練習場について、施設を運営する日本スポーツ振興センター(JSC)は31日、保健所の現地調査を経て安全を確認したとして、1日から利用可能にすると発表した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1592908 0 その他 2020/10/31 19:48:00 2020/10/31 23:02:14 2020/10/31 23:02:14

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)