読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

男子400m個人メドレー、萩野公介V…「素晴らしいプールで勝てて良かった」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男子400メートル個人メドレーで優勝した萩野公介(3日)=里見研撮影
男子400メートル個人メドレーで優勝した萩野公介(3日)=里見研撮影

 競泳・日本選手権第1日(3日・東京アクアティクスセンター)――東京五輪の会場で初めて開催され、男子400メートル個人メドレーは、リオデジャネイロ五輪金メダリストで2年ぶり出場の萩野公介(ブリヂストン)が4分13秒32で優勝。萩野は「素晴らしいプールで2本泳げて、勝てて良かった」と語った。

女子100メートル平泳ぎで優勝した渡部香生子(3日)=里見研撮影
女子100メートル平泳ぎで優勝した渡部香生子(3日)=里見研撮影

 100メートル平泳ぎは、男子が佐藤翔馬(東京SC)、女子は渡部香生子かなこ(JSS)が制した。今大会は五輪代表選考を兼ねておらず、白血病の闘病から復帰した池江璃花子(ルネサンス)、年内活動停止処分などを受けた瀬戸大也は欠場。

無断転載・複製を禁じます
1672434 0 その他 2020/12/03 18:12:00 2020/12/03 19:10:12 2020/12/03 19:10:12 男子400メートル個人メドレー決勝で優勝した萩野公介(3日、東京アクアティクスセンターで)=里見研撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201203-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)