読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

松元克央が200自で3連覇、100背は入江陵介が7連覇…競泳日本選手権

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男子200メートル自由形で優勝した松元克央(4日)=里見研撮影
男子200メートル自由形で優勝した松元克央(4日)=里見研撮影

 競泳・日本選手権第2日(4日・東京アクアティクスセンター)――男子は、200メートル自由形で昨夏の世界選手権銀メダルの松元克央かつひろ(セントラルスポーツ)が、1分46秒10で3連覇。100メートル背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)は、7連覇を達成した。女子100メートル背泳ぎは酒井夏海(スウィン美園)が制した。女子400メートル個人メドレーは清水咲子(ミキハウス)が優勝し、昨夏の世界選手権銅メダルの大橋悠依(イトマン東進)は疲労のため棄権し、今大会は欠場する。

無断転載・複製を禁じます
1675903 0 その他 2020/12/04 22:45:00 2020/12/04 22:45:00 2020/12/04 22:45:00 男子200メートル自由形で優勝した松元克央(4日、東京アクアティクスセンターで)=里見研撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201204-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)