読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

バド桃田、事故以来11か月ぶり実戦…余裕の快勝に「伸び伸びと復活して戻ってきたよ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 バドミントン男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(26)(NTT東日本)が23日、東京・町田市立総合体育館で行われた全日本総合選手権の1回戦に出場し、今年1月に交通事故で重傷を負ってから、約11か月ぶりとなる実戦復帰を果たした。ストレート勝ちを収め、来年の東京五輪での金メダル獲得に向け、再スタートを切った。

男子シングルス1回戦で勝利した桃田賢斗(23日)=代表撮影
男子シングルス1回戦で勝利した桃田賢斗(23日)=代表撮影

 昨年の全日本ジュニア3位の森口航士朗(埼玉栄高)を21―12、21―14で退け、終盤に点差が開いた際にはショットを試す余裕もあった。桃田は「コートに立ったときに、帰ってきたなという感じがあった。楽しみながらプレーできた。伸び伸びと復活して戻ってきたよ、というのを出せた」と笑顔を見せた。

 1月12日にマレーシア・マスターズで優勝した桃田は、帰国のため現地の空港に向かっていた翌13日未明、交通事故に巻き込まれた。2月になって右目の眼窩底がんかてい骨折が判明し、手術を受けた。練習再開後の3月下旬に東京五輪延期が決定。所属チームや日本代表の合宿で練習を続けていた。10月のデンマーク・オープンは、新型コロナウイルスの感染状況を考慮して辞退した。

無断転載・複製を禁じます
1722474 0 その他 2020/12/23 14:19:00 2020/12/23 15:01:18 2020/12/23 15:01:18  全日本総合バドミントン選手権。男子シングルス1回戦でプレーする桃田賢斗=23日、東京・町田市立総合体育館(代表撮影)(了) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201223-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)