読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

現行の「ライスボウル」今年で幕、実力差を考慮

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3日に行われたアメリカンフットボールの日本選手権「ライスボウル」=西孝高撮影
3日に行われたアメリカンフットボールの日本選手権「ライスボウル」=西孝高撮影

 アメリカンフットボールの日本選手権「ライスボウル」で、1984年から続く社会人代表と学生代表が対戦する現行形式が今年で終了する見通しとなったことが7日、わかった。主催する日本協会の関係者が明らかにした。社会人と学生で実力や体格の差が広がり、大けがの危険性が高まってきた現状もふまえ、判断した。日本協会は今月末に臨時理事会を開き、決定する方針。

 48年から始まったライスボウルは、84年から現在の形式で毎年1月3日に行われるようになった。アメフト界では正月の風物詩として定着しており、来年以降は、日本社会人Xリーグの優勝決定戦に移行する方向で議論が進んでいる。

 74回目を迎えた今年は、オービックが関学大を35―18で退け、社会人の12年連続勝利となった。通算対戦成績で26勝12敗と大きく勝ち越している社会人は近年、米国出身選手が増えてレベルが上がっている。接触を伴う競技のため、学生側から安全面を不安視する声が出るようになった。日本協会では昨夏から、社会人と学生の関係者や医療の専門家らによる作業部会を設置し、改革を協議していた。

無断転載・複製を禁じます
1753337 0 その他 2021/01/07 11:44:00 2021/01/07 13:18:09 2021/01/07 13:18:09 第3クオーター、パスレシーブ後、関西学院のタックルを振り切りTDを決めたオービックのWR野崎(右)(3日、東京ドームで)=西孝高撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210107-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)