読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

80歳で水泳開始、100歳で「世界初」…今月までプールに入っていた106歳女性が死去

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 100歳を超えても水泳選手として活躍した長岡三重子(ながおか・みえこ)さんが19日、急性呼吸不全で、自宅がある山口県田布施町の病院で死去した。106歳だった。告別式は近親者で済ませた。喪主は長男、宏行氏。

 膝のリハビリのために80歳で水泳を始め、91歳で本格的な指導を受け始めた。100歳だった2015年に短水路大会の女子1500メートル自由形(100~104歳の部)を世界で初めて泳ぎ切るなど数多くの年齢別世界記録を塗りかえた。

 宏行氏によると、今月15日まで所属するスイミングスクールで水中を歩くなどしていたが、体調を崩して18日に入院したという。

無断転載・複製を禁じます
1793763 0 その他 2021/01/25 07:23:00 2021/01/25 09:46:11 2021/01/25 09:46:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)