読売新聞オンライン

メニュー

走り幅跳びの橋岡優輝、富士通に入社決定…五輪でメダル争い期待

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上の2019年世界選手権男子走り幅跳びで日本勢初の8位入賞を果たした橋岡優輝(22)(日大)が、4月から実業団の富士通に入社することが10日、同社から発表された。

富士通入りが決まった橋岡優輝
富士通入りが決まった橋岡優輝

 橋岡は東京・八王子高2年時に、日本陸連が国際舞台での活躍を期待する若手を選抜して支援する「ダイヤモンドアスリート」に選ばれ、日大進学後は18年のU20世界選手権、19年のアジア選手権、ユニバーシアードでいずれも金メダルを獲得。同年には当時の日本記録を27年ぶりに更新する歴代2位の8メートル32をマークし、今夏の東京五輪でもメダル争いが期待されている。

 また、橋岡と日大の同期で19年世界選手権同棒高跳び代表の江島雅紀(21)、今年の箱根駅伝で1区2位の塩沢稀夕(22)(東海大)らも4月から同社に入社する。

無断転載・複製を禁じます
1833458 0 その他 2021/02/10 14:23:00 2021/02/10 14:43:27 2021/02/10 14:43:27 陸上・日本学生対校選手権第1日。大会新記録で男子走り幅跳びを制した日大の橋岡優輝。新潟デンカビッグスワンスタジアムで。2020年9月11日撮影。同月12日朝刊「橋岡大会新V 男子走り幅跳び」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210210-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)