読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

池江「出場種目全てで決勝に残ることが目標」…日本選手権4種目にエントリー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 競泳女子で、白血病から昨夏に競技復帰した池江璃花子(ルネサンス)が、東京五輪の代表選考会を兼ねた日本選手権(4月3~10日、東京アクアティクスセンター)で4種目にエントリーし、10日、公表された。日本選手権出場は3年ぶりとなる。池江は「出場種目全てで決勝に残ることが目標。どれだけ自信をつけられるかだと思うので、がむしゃらに練習したい」などとのコメントを出した。

池江璃花子
池江璃花子

 4種目はいずれも日本記録を持つ50メートル、100メートルの自由形とバタフライ。非五輪種目50メートルバタフライを除き、決勝で派遣標準記録を突破し2位以内なら代表に内定。100メートル自由形は400メートルリレーの選考(最大4人)も兼ね、個人種目より遅い54秒42が目安のため、現時点ではリレー要員が最も代表入りに近いだろう。

 50メートルバタフライ以外は予選、準決勝、決勝があり、全種目出場なら、8日間で最大11レース。復帰後、飛躍的に記録が伸びているが、体力の配分も求められる。

 ただ、東京五輪出場への明確な意思は示しておらず、以前は「自分の体のことは、自分が一番よく分かる。五輪というより、戻って結果を出し始めていることを見てほしい」と話していた。あくまで目標は次の2024年パリ五輪のメダルという姿勢は崩していない。

◇池江のエントリー種目

決勝日程種目復帰後最速今年度の日本ランキング派遣標準記録
4月4日100メートルバタフライ59秒4414位57秒10
4月8日100メートル自由形55秒359位53秒31※
4月10日50メートルバタフライ25秒771位非五輪種目で設定なし
50メートル自由形24秒912位24秒46
※400メートルリレーの目安は54秒42

無断転載・複製を禁じます
1901748 0 その他 2021/03/10 23:22:00 2021/04/01 17:11:57 2021/04/01 17:11:57 競泳・ジャパンオープン最終日。女子50メートル自由形の決勝レース前にリラックスした表情を見せる池江璃花子。東京アクアティクスセンターで。2021年2月7日撮影。同月9日夕刊[インデックス]掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210310-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)