「平成の三四郎」古賀稔彦さん死去…バルセロナ五輪「金」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

バルセロナ五輪で金メダルを獲得した古賀稔彦さん(1992年7月31日)=秋山哲也撮影
バルセロナ五輪で金メダルを獲得した古賀稔彦さん(1992年7月31日)=秋山哲也撮影

 1992年バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級で金メダルを獲得した古賀稔彦(こが・としひこ)さんが24日、死去した。53歳だった。古賀さんが女子柔道部の総監督を務める環太平洋大(岡山市)が明らかにした。関係者によると、古賀さんは、がんの治療中だった。

古賀稔彦さん
古賀稔彦さん

 古賀さんはソウル、バルセロナ、アトランタ五輪に3大会連続で出場。日本選手団の主将を務めたバルセロナ五輪では、大会開幕直前に左膝靱帯じんたい損傷の大けがを負ったが、決勝でハンガリー選手を大接戦の末に破って優勝した。96年アトランタ五輪でも78キロ級で銀メダルを獲得した。

 世界選手権でも89、91、95年に優勝。小柄な体から切れ味鋭い技を繰り出し、鮮やかな背負い投げで「平成の三四郎」と呼ばれた。現役引退後は川崎市で「古賀塾」を開くなど柔道の普及に尽力していた。2004年アテネ、08年北京両五輪の柔道女子63キロ級で金メダルに輝いた谷本歩実さんも育てた。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
1933057 0 その他 2021/03/24 11:16:00 2021/03/24 12:45:49 2021/03/24 12:45:49 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210324-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)