読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

箱根駅伝名将の教えも胸に4分台…マラソン日本新・鈴木健吾の「継続力」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 男子マラソンの鈴木健吾(富士通)が2時間4分56秒の日本新記録を打ち立てた。「4分台」の公認記録は、日本人だけでなく「非アフリカ系のランナー」を通じて初という快挙だ。神奈川大時代に箱根駅伝「花の2区」で区間賞に輝いた鈴木だが、実業団では3年目の今季まで目立った活躍を残せず、東京オリンピックのマラソン出場権にも手が届かなかった。そんな鈴木の成長の道のりを見守り続けた指導者たちの言葉から、驚くべき快走の背景を探った。(運動部・西口大地)

日本新記録でびわ湖毎日マラソンに優勝、歓喜のゴールに駆け込む鈴木健吾(2021年2月28日・皇子山陸上競技場で)
日本新記録でびわ湖毎日マラソンに優勝、歓喜のゴールに駆け込む鈴木健吾(2021年2月28日・皇子山陸上競技場で)

給水ミスきっかけに虚を突くスパート、大迫傑の記録を34秒更新

 2月28日のびわ湖毎日マラソンで、鈴木は会心の走りをみせた。

 1メートル63の小さな体を隠すように、集団の中ほどで息を潜めた。「前半10キロ辺りはリズムが取れなくて、うまく流れに乗れなかった」というストレスに耐えた。25キロ過ぎで優勝候補の井上大仁(三菱重工)が飛び出しても、「まだこのタイミングで反応すべきじゃない」と冷静に判断した。勝負どころの30キロ以降に向け、風の影響をほとんど受けずに力を温存した。

 「自分が行けると思ったところで、一発で仕留めないと勝てないぞ」という富士通・福嶋正監督の指示通り、仕掛けどころを探っていた36キロ過ぎのこと。給水ボトルを取り損ねてしまった。だが、とっさの機転で、このミスをチャンスに変える。直前までのペースは1キロ3分前後で推移していたが、36~37キロで2分53秒まで加速。沿道の窓に映るライバルの走りから、余力では自分が優位とも感じ取っていた。虚を突いた急激なスパートに、先頭を争う他の2人は全く反応できなかった。

 大勢を決した終盤になって初めてタイムを意識し、「これは日本記録(当時2時間5分29秒)を狙えるな」と確信した。存分に残っていた余力を解放し、さらにペースアップ。最後の1キロは「(2時間)5分を切ろう」と力を振り絞り、東京五輪マラソン代表の大迫傑(ナイキ)が保持していた従来の日本記録を一気に34秒も更新した。

 それまでの自己ベストは神奈川大4年の冬、初マラソンだった東京マラソンで記録した2時間10分21秒にとどまっていた。5分半近い大幅短縮には、福嶋監督も「(2時間)7分台ぐらいは行ってもおかしくないだろうと追っていたが、4分台は思わないですよ」と驚くばかりだった。

箱根駅伝で2区を走る鈴木に声をかける大後監督(17年1月2日)
箱根駅伝で2区を走る鈴木に声をかける大後監督(17年1月2日)

胸板に厚み、手にした後半の体力

 「ビックリしました、本当に」。レース直後、電話取材に応じた神奈川大の大後栄治監督は、興奮冷めやらぬ様子で第一声を発した。

 この日は自宅でテレビ観戦していた。まな弟子の走りは30キロ過ぎまで、ほとんど画面に映らなかったが、逆に「余計なことをせずに走ってくれているな」と頼もしく感じたという。

 鈴木が東京五輪代表の切符をかけて挑んだ2019年秋のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)、昨年のびわ湖毎日では、ともにレース中盤で先頭に出てペースを上げるなど、集団内で何度も出入りしたことが後半失速する一因となった。その反省が身にしみているからこそのレース運びだと、恩師は感じ取っていた。

 大後監督は昨秋の時点で、記者との雑談中に鈴木の飛躍を予感させる言葉も発していた。7月に1万メートルで27分57秒84の好記録をマークし、自己記録を約26秒更新した鈴木の成長ぶりが話題になると「次のパリ五輪、チャンスだと思います。あいつの胸板、厚くなってきているから」と、おもむろに語り出した。

 「胸板」というキーワードが初めて鈴木に示されたのは、大学3年の秋だったそうだ。

 日本学生陸上競技連合の強化事業で参加したオランダのロードレース。鈴木は起伏の激しい15キロの難コースで、日本人トップの8位に入る好走を披露した。この遠征には、順大指導者として箱根駅伝優勝9回を誇る沢木啓祐氏(現日本学連顧問)が同行していた。鈴木は大後監督を通じて、沢木氏からアドバイスをもらった。

 「もうちょっと肩まわりを強化して、胸板を計画的に厚くしなくちゃダメだ」。それ以来、鈴木は在学中、自重を負荷にしたりゴムチューブを使ったりしたトレーニングなどで、体幹強化と肩まわりの可動域拡大に取り組んだ。

神奈川大の全日本大学駅伝制覇に貢献し、仲間に胴上げされる鈴木(17年11月5日)
神奈川大の全日本大学駅伝制覇に貢献し、仲間に胴上げされる鈴木(17年11月5日)

 実業団に入った当初は、故障で1年間ほとんど試合に出られない日々が続いた。その間も鈴木は沢木氏の言葉を忘れず、黙々と体幹強化のトレーニングを継続した。大後監督は「あいつには、ねちっこさがある。根拠さえ分かれば、当たり前のこと、基本的なことに2年、3年とコツコツ取り組む」と鈴木を評する。

 昨年のびわ湖毎日で不本意な走りに終わった後は、富士通の指導陣と「何かを変えなきゃいけない」と話し合い、バーベルを使ったウェートトレーニングも本格的に導入した。試合に向けて走る練習メニューの質量を高める時期にも、鈴木は最低週1回のウェートトレを欠かさず続けた。

 その成果は、着実に表れた。体の軸がぶれなくなり、故障も目にみえて減った。入社3年目の今年度は、初めてトラック種目の日本代表クラスが多数そろう同僚たちと同等のスピード練習をこなせるようになった。9月には1万メートルの自己記録を27分49秒16まで伸ばしていた。

 びわ湖毎日マラソンの快走について、大後監督は「肩甲骨がうまく使えるようになり、動きが二回りぐらい大きくなった。上半身と下半身の連動がうまくいっている。だから、前半は上半身の力を生かした走りで、後半に向けた脚力を、相当温存できていたと思う」と分析する。こうしたフォームの変化と、冷静なレース運びが相まって、あの終盤の爆発力が生まれたとの見方だ。

「謙虚で純粋な」ランナー、パリ五輪のホープ

 神奈川大時代から1回1時間半~2時間以上のジョグを黙々とこなし、多い日はそれを1日で2度、3度と重ねる豊富な練習量から、マラソン向きの選手だと注目されてきた。「走る量は富士通の選手の中でもピカイチ。謙虚な気持ちを忘れず、純粋に競技に打ち込んでくれる。継続する力があいつの強み」と、福嶋監督も評価する。

 年齢的にも、25歳とまだ若い。気温が30度に迫った一昨年のMGCでは、当時の持ちタイムで格上だった選手を多数抑えて7位に入っており、夏の暑さへの耐性も折り紙付きだ。日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーも「次の(2024年)パリ五輪代表の有力な第1候補」と大きな期待を寄せる。

富士通の福嶋正監督と握手し、日本新達成の喜びを分かち合う鈴木(21年3月1日)
富士通の福嶋正監督と握手し、日本新達成の喜びを分かち合う鈴木(21年3月1日)

東京五輪代表・中村匠吾を刺激に

 一方、今後の飛躍に向けて一つの障壁になると見られるのが「日本記録保持者」の肩書を背負う重圧だ。

 近年、マラソンの日本記録を更新した設楽悠太(ホンダ)と大迫が高校時代や大学入学当初から注目を浴びたスター選手だったのに対して、鈴木は大学3年の箱根2区で区間賞に輝くまでは「知る人ぞ知る」存在だった。実際、脚光を浴びた大学4年時や富士通入社当初は「期待に応えなければならない」とはやる気持ちが練習過多につながり、故障に苦しんできた。

 今回のレース後は、今後の3分台や2分台への挑戦など加速度的に膨らむ期待をうかがわせる質問が、記者会見でも相次いだ。これに対して、福嶋監督は「健吾はまだ体が華奢な部分もあるから、年間を通して故障せずに過ごすことが一番。あまり焦らず、欲張りすぎずに、継続したトレーニングをしていくのがいい」と慎重姿勢を強調した。

 鈴木自身も、故障の連続で1年を棒に振ったルーキーイヤーを、地に足の着いた感じの言葉で振り返る。「華やかなところにいさせてもらった大学時代をへし折ってくれる――じゃないけど、調子に乗るなと言っているような感じの期間だった。より一層地道にやっていかないと、センスがある人や強い人にかなわないと、自分を再確認できた」

36キロ前後でトップに躍り出た、びわ湖毎日マラソンでの鈴木の力強い走り(21年2月28日)
36キロ前後でトップに躍り出た、びわ湖毎日マラソンでの鈴木の力強い走り(21年2月28日)

 今回の日本新は鈴木を、大学時代にも増して注目が集まるところに連れてきた。だが、美徳とも言える謙虚さが失われた様子はない。何より大きいのが、同僚の東京五輪マラソン代表・中村匠吾の存在だ。

 2人は今年1月下旬から約10日間、鹿児島・徳之島で合宿を共にした。「練習の中でも、匠吾さんには余力がかなりあって、すごく質の高い練習をしていた。勝てるイメージがつかないぐらい、本当にタフだった」。見上げる存在が、常に身近にいる。一度の成功で浮かれる暇などないことを、誰よりも鈴木本人が痛感している。

 「まだ力はない。でも、世界選手権や次の五輪でしっかり日の丸をつけて戦えるように、少しずつ力をつけていきたい」。3年後のパリ五輪でも、トレードマークの無邪気な笑顔でゴールに飛び込むため、これからもコツコツと、一歩ずつ成長を重ねていく。

無断転載・複製を禁じます
1938692 0 その他 2021/03/26 11:15:00 2021/03/26 11:15:00 2021/03/26 11:15:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210324-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)