読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

陸上の橋岡優輝と江島雅紀が日大卒業…富士通で飛躍目指す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上男子走り幅跳びで2019年世界選手権8位入賞の橋岡優輝と、同大会男子棒高跳び代表の江島雅紀が25日、東京都内で行われた日大の卒業式に出席した。

日大の卒業式に出席した橋岡優輝(左)と江島雅紀(25日、東京都世田谷区の日大三軒茶屋キャンパスで)
日大の卒業式に出席した橋岡優輝(左)と江島雅紀(25日、東京都世田谷区の日大三軒茶屋キャンパスで)

 橋岡は大学での競技生活を振り返り、「幅跳びだけじゃなく100メートルや投てきなど色んな種目の選手が強い、本当の強豪校。日本一と思える指導を受けることもできて、かなり成長できた4年間だった」と語った。

 江島は一番思い出に残る大会として19年日本選手権を挙げ、「それまでは(橋岡と)どちらかが優勝すると、どちらかが2番だったりが続いていたが、大学で初めて2人とも優勝できた。僕らが勝手に(ジンクスを)作っていたが、払拭することができた」と振り返った。

 卒業後は共に実業団の富士通に加入し、今夏の東京五輪をはじめ、世界の舞台での活躍を目指す。橋岡は「五輪代表やマラソンの日本記録保持者ら、陸上を突き詰めた人たちのチームだと感じているが、日大も雰囲気としては変わらない。またチームの色があって学べることも多いと思うので、まずは楽しみながら色々吸収できれば」と意気込んだ。

無断転載・複製を禁じます
1937171 0 その他 2021/03/25 19:34:00 2021/03/25 19:34:00 2021/03/25 19:34:00 日大の卒業式に出席した橋岡優輝(左)と江島雅紀(25日、東京都世田谷区の日大三軒茶屋キャンパスで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210325-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)