読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

古賀稔彦さん、白い柔道着と黒帯姿でひつぎに…告別式に野村忠宏さんら1000人参列

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1992年バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級金メダリストで、24日に53歳で死去した古賀稔彦さんの告別式が29日、川崎市内の寺院で営まれた。五輪3大会連続金メダルの野村忠宏さん(46)や、古賀さんの指導を受けた五輪2大会連続優勝の谷本歩実さん(39)ら約1000人が参列し、別れを惜しんだ。

 現役引退後も後進の育成に力を注いでいた古賀さんは、白い柔道着と黒帯姿でひつぎに納められた。古賀さんが2004年アテネ五輪で金メダルを決めた谷本さんと抱き合って喜ぶ姿は、五輪の名場面の一つ。谷本さんは代表取材に「太陽のように明るく、頑張る力をたくさんくれた存在だった。人のために、いつも全力を注ぐ方だった」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1946731 0 その他 2021/03/29 20:06:00 2021/03/29 20:40:58 2021/03/29 20:40:58

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)