アジア大会男子マラソン4位、園田隼が今年度限りで現役引退…故障や体調不良続く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 黒崎播磨陸上部は30日、2018年アジア大会男子マラソン4位の園田隼(31)が今年度限りで現役を引退すると発表した。園田は上武大時代に箱根駅伝5区に2度出走し、12年から黒崎播磨に加入。18年別府大分毎日マラソンで自己ベストの2時間09分34秒をマークし、2位に入った。19年の東京五輪マラソン代表決定レース、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場後は故障や体調不良が続き、引退を決意したという。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
1948763 0 その他 2021/03/30 15:12:00 2021/03/30 15:12:00 2021/03/30 15:12:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)