読売新聞オンライン

メニュー

実業団駅伝2度優勝の日清食品陸上部、活動休止を発表…村沢ら退部で部員ゼロに

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日清食品グループは31日、陸上部が今月末で活動を休止すると発表した。17年北海道マラソン覇者の村沢明伸ら2選手と板山学コーチが退部し、所属部員がいなくなるため。

 同陸上部は1995年に創設され、アテネ五輪男子マラソン6位入賞の諏訪利成ら多数のトップ選手を輩出した。全日本実業団対抗駅伝でも2度の優勝に輝いたが、2019年に駅伝からの撤退を発表。チーム規模を大幅に縮小し、選手個人をサポートする体制に切り替えた。昨秋には、ロンドン五輪長距離種目代表の佐藤悠基がSGホールディングスに移籍。村沢も他チームへの移籍が決まった。

 同グループは活動休止について、「発足当時とはさまざまな環境が変化しており、企業スポーツの在り方について多面的に検討しました結果」としている。

無断転載・複製を禁じます
1950529 0 その他 2021/03/31 09:34:00 2021/03/31 09:49:10 2021/03/31 09:49:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)