読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ボクシング王座統一戦、岩佐亮佑はTKO負け…スーパーバンタム級

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

アフマダリエフ(左)に5回TKO負けした岩佐亮佑(AP)
アフマダリエフ(左)に5回TKO負けした岩佐亮佑(AP)

 ボクシングの世界スーパーバンタム級の王座統一戦が3日、タシケントで行われ、国際ボクシング連盟(IBF)暫定王者の岩佐亮佑(セレス)が、IBF正規王者で世界ボクシング協会(WBA)スーパー王者のムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)に5回TKO負けを喫した。試合序盤はジャブの差し合いで一進一退の展開だったが、5回にアフマダリエフが一気に攻勢を仕掛けると、レフェリーが試合を止めた。

 岩佐は17年にIBF王座を獲得し、18年に2度目の防衛に失敗。19年12月、暫定王座決定戦を制し、1年4か月ぶりのリングに臨んだが、2団体統一王座奪取のチャンスをものにできなかった。

無断転載・複製を禁じます
1959888 0 その他 2021/04/04 02:48:00 2021/04/04 08:08:41 2021/04/04 08:08:41 Uzbekistan's Murodjon Akhmadaliev, left, punches Japan's Ryosuke Iwasa during their WBA/IBF super bantamweight boxing match in Tashkent, Uzbekistan, Saturday, April 3, 2021. (AP Photo/Anvar Ilyasov) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210404-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)