読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ホンダ勢、F1今季初勝利…ルーキー・角田裕毅は12位

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

F1シリーズ第2戦で今季初勝利を挙げたフェルスタッペン=AP
F1シリーズ第2戦で今季初勝利を挙げたフェルスタッペン=AP

 【イモラ(イタリア)=時事】自動車のF1シリーズ第2戦、エミリア・ロマーニャ・グランプリ(GP)は18日、イタリアのイモラ・サーキットで決勝が行われ、3番グリッドから出たレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が、赤旗中断のあった荒れたレースを制して今季初勝利を挙げた。昨季最終戦以来の通算11勝目。パワーユニット供給元としてのF1活動を今季で終えるホンダにとってもシーズン初勝利となった。

 アルファタウリ・ホンダのルーキー、角田裕毅は12位。レース中盤、再スタート直後の単独スピンで順位を落としたのが響き、開幕戦9位に続く入賞はならなかった。同僚のピエール・ガスリー(フランス)は7位に入賞した。

 2位はルイス・ハミルトン(英、メルセデス)。3位にランド・ノリス(英、マクラーレン・メルセデス)が入った。

無断転載・複製を禁じます
1995951 0 その他 2021/04/19 17:26:00 2021/04/19 20:30:27 2021/04/19 20:30:27 Red Bull driver Max Verstappen of the Netherlands followed by Mercedes driver Lewis Hamilton of Britain lead the field after the start during the Emilia Romagna Formula One Grand Prix, at the Imola racetrack, Italy, Sunday, April 18, 2021. (AP Photo/Luca Bruno) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210419-OYT1I50097-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)