読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

スーパーフライ級王者の井岡一翔、ドーピング検査で大麻反応…オイルから検出か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(Ambition)が、昨年12月の防衛戦で実施されたドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したことが26日、関係者への取材で分かった。ドーピング違反は確定しておらず、試合を管理する日本ボクシングコミッション(JBC)は倫理委員会で検査の過程や結果について検証する方針。

 井岡の代理人弁護士は読売新聞の書面による取材に対し、大麻成分も検出されたとして井岡が4月上旬に警視庁から聴取を受けたと明らかにし、禁止薬物の意図的な摂取は否定。「1点だけ心当たりがあるのは、井岡が使用していたオイル。大麻成分はこのオイルから検出された可能性はある」とし、「警察にも説明し、捜査終了と伝えられた。嫌疑は晴れている」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
2012941 0 その他 2021/04/26 21:46:00 2021/04/26 22:07:30 2021/04/26 22:07:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)