室伏長官が実演、健康づくり動画…トップアスリート続けた秘訣を伝授

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

身体の状態をチェックする方法を紹介する室伏長官(ユーチューブのスポーツ庁公式チャンネルから)
身体の状態をチェックする方法を紹介する室伏長官(ユーチューブのスポーツ庁公式チャンネルから)

 スポーツ庁の室伏広治長官が、肩や股関節の可動域など身体の状態をチェックする方法を実演した動画を作成し、ユーチューブの同庁公式チャンネルで公開している。陸上ハンマー投げ五輪金メダリストとしての知見を生かし、コロナ禍で運動不足に悩む人たちの健康づくりに役立ててもらう試みだ。

コロナ検査キット、不正申請が多発…家族人数の「自己申告」で余分に受け取る

 第1弾となる「肩甲骨編」を24日に公開した。片側の耳たぶを耳と反対側の手でつまんだ状態で、曲げた肘を顔の前から頭の後ろへ、続けて顔の前へ動かす。肩甲骨の可動域をチェックする方法だ。スムーズにできない場合の改善方法も合わせて紹介している。

 「トップアスリートほど同じ動きを繰り返すから、運動機能がよくない場合が多い」と室伏長官。自身も7・26キロのハンマーを持って反時計回りに回転する競技を究める中で、体のバランスを戻す練習法を突き詰めた。動画には41歳までトップレベルで現役を続けた秘訣ひけつが詰まっている。

 行政庁のトップ自らトレーニングウェア姿で汗を流すのは「自分の経験を国民に還元し、スポーツ界に恩返ししたい」という強い思いの表れ。今後、「足首」「股関節」など全11項目の動画を公開する予定だ。(佐藤謙治)

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2017192 0 その他 2021/04/28 13:10:00 2021/04/28 13:10:00 2021/04/28 13:10:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210428-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)