読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

泉谷駿介、日本歴代3位のタイムで五輪参加標準を突破…110メートル障害予選

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男子110メートル障害予選で日本歴代3位をマークし、東京五輪の参加標準記録を突破した泉谷駿介(左)
男子110メートル障害予選で日本歴代3位をマークし、東京五輪の参加標準記録を突破した泉谷駿介(左)

 陸上・関東学生対校選手権第1日(20日・神奈川相模原ギオンスタジアム)――男子110メートル障害予選で泉谷駿介(順大)が日本歴代3位の13秒30(追い風0・8メートル)をマークし、東京五輪の参加標準記録(13秒32)を突破した。

 同種目では、金井大旺たいおう(ミズノ)が日本記録の13秒16、高山峻野(ゼンリン)が前日本記録の13秒25で参加標準記録を突破済みで、最大3枠の五輪代表入りを狙う泉谷は「標準を切ってから勝負が始まるんで、やっとスタートラインに立てる。(13秒)2台は行きたかったので、明日の準決勝、決勝あたりで狙いたい」と意気込んだ。

無断転載・複製を禁じます
2065146 0 その他 2021/05/20 10:34:00 2021/05/20 10:49:42 2021/05/20 10:49:42 男子110メートル障害予選で日本歴代3位の11秒30をマークし、東京五輪の参加標準記録を突破した泉谷駿介(左) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210520-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)