読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「しばらくコートから離れようと思う」大坂なおみ、全仏オープンを棄権

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【パリ=岡田浩幸】テニスの四大大会、全仏オープンの主催者は5月31日、女子シングルスで世界ランキング2位の大坂なおみ(日清食品)が大会を棄権したと発表した。大坂はこれに先立ち、自身のツイッターを更新。四大大会で初優勝した2018年の全米オープン以降、うつ病の症状に苦しんでいることを明かし、「しばらくコートから離れようと思う。時が来たら、選手や報道陣、ファンにとってより良い方法をツアー側と協議したい」とした。東京五輪の出場に影響が出る可能性も出てきた。

全仏オープンを棄権した大坂なおみ選手(5月30日、ロイター)
全仏オープンを棄権した大坂なおみ選手(5月30日、ロイター)

 大坂は今大会開幕前の27日、規則で敗戦後でも義務づけられている試合後の記者会見を「選手の心の健康を無視している」として拒否すると表明。同30日の女子シングルス1回戦で勝利後は記者会見に出席しなかった。これに対し大会側は罰金1万5000ドル(約165万円)を科し、違反行為を繰り返した場合は失格などさらに重い処分を科す可能性があるとしていた。

 大坂は「大会、他の選手、そして私自身のために棄権する。皆がテニスに集中でき、これが最善だと思う」とつづった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2091510 0 その他 2021/06/01 05:08:00 2021/06/01 10:20:24 2021/06/01 10:20:24 Tennis - French Open - Roland Garros, Paris, France - May 30, 2021 Picture taken May 30, 2021 Japan's Naomi Osaka reacts during her first round match against Romania's Patricia Maria Tig REUTERS/Christian Hartmann https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210601-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)