読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

3年前の全米OP以降うつ症状に苦しむ、開幕前の声明「時代遅れを強調」…大坂なおみの投稿全文

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 31日に全仏オープンの棄権を表明した大坂なおみ選手のツイッター全文は以下の通り。

     ◇

 皆さんこんにちは。今の状況は、数日前に投稿した時に想定し、意図していたものではありません。大会、他の選手、そして私自身の健康のために棄権します。皆がテニスに集中するためにも、今はこれが最善だと思います。大会を混乱させるつもりはありませんでした。発信のタイミングは理想的ではなく、もっと明確なメッセージを出すべきだったことは受け入れます。

 より重要なことは、私は決して自分の精神面の問題を矮小わいしょう化したり、軽い言葉として発したりしたものではないということです。事実として、私は2018年の全米オープン以降、うつの症状に苦しめられており、そのためにとても難しい時間を過ごしています。私を知る人は私が内向的であることを知っていると思います。トーナメントで私を見た人は、私がしばしばヘッドホンをつけ、社会的な不安を和らげる姿に気付いていると思います。

大坂なおみ=ロイター
大坂なおみ=ロイター

 テニスの報道陣はいつも私に優しくしてくれますが(傷つけたかもしれない全ての素晴らしいジャーナリストたちには謝罪したい)、私は元来、人前で話すのが得意ではなく、世界のメディアに言葉を発する前は、大きな不安の波にのまれそうになります。私はとても神経質になり、常にベストな答えをしようとすることがストレスになると気付きました。

 ここパリでも私は既に傷つきやすく、不安定な状態になっているため、自分自身をケアし、記者会見を省略することがより良い選択だと考えました。開幕前に声明を出したのは、規則の一部はとても時代遅れであり、それを強調したいと感じたからです。私は個人的に大会側に文書を送り、謝罪と、大会後に話し合えたらうれしいということを伝えました。今は、しばらくコートから離れようと思います。しかし、しかるべき時が来たら、選手、報道陣、ファンにとってどうすることがより良いのか、ツアー側と議論し、取り組んでいきたい。みなさんが元気で安全に過ごすことを願っています。皆さん、愛しています。また会いましょう。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2091790 0 その他 2021/06/01 10:10:00 2021/06/01 13:19:25 2021/06/01 13:19:25 テニス・全豪オープン。女子シングルス。大坂なおみ=ロイター。二次利用は写真部に連絡を。クレジット:ロイター世界のスポーツ界で活躍した個人や団体を表彰する2021年の「ローレウス・スポーツ賞」が5月6日発表され、女子テニスの大坂なおみが日本人初の年間最優秀女子選手賞を受賞した。2021年5月7日朝刊「大坂 最優秀女子選手に 日本人初 ローレウス賞」に顔写真として掲載。Tennis - Australian Open - Melbourne Park, Melbourne, Australia, February 16, 2021 Japan?Vs Naomi Osaka celebrates winning her quarter final match against Taiwan?Vs Su-Wei Hsieh REUTERS/Loren Elliott https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210601-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)