読売新聞オンライン

メニュー

五輪代表決定戦で阿部一二三に敗れた丸山、世界選手権では2連覇果たす

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 柔道の世界選手権ブダペスト大会第2日の7日、男子66キロ級決勝で丸山城志郎(ミキハウス)が世界ランク1位のマヌエル・ロンバルド(イタリア)に優勢勝ちし、2019年大会に続く世界選手権2連覇を果たした。

丸山城志郎
丸山城志郎

 丸山は昨年12月に阿部一二三(パーク24)との東京五輪代表内定選手決定戦に敗れたが、世界選手権では初戦の2回戦から5試合を勝ち抜いた。女子52キロ級では、17年世界選手権金メダルの志々目愛(了徳寺大職)が3大会ぶり2度目の優勝を飾った。

無断転載・複製を禁じます
2108512 0 その他 2021/06/08 02:03:00 2021/06/08 10:09:46 2021/06/08 10:09:46 【全日本選抜柔道体重別選手権大会・2日目】男子66キロ級決勝で優勝した丸山城志郎(7日、福岡国際センターで)=秋月正樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210608-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)