読売新聞オンライン

メニュー

クレチコバ、全仏ダブルスもV…21年ぶり単複2冠

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

女子ダブルス優勝のクレチコバ(右)、シニアコバ組。クレチコバはシングルスとの2冠を達成した(AP)
女子ダブルス優勝のクレチコバ(右)、シニアコバ組。クレチコバはシングルスとの2冠を達成した(AP)

 【ロンドン=岡田浩幸】テニスの全仏オープンは13日、パリのローランギャロスで女子ダブルス決勝が行われ、第2シードのバルボラ・クレチコバ、カテリナ・シニアコバ組(ともにチェコ)が、ベサニー・マテックサンズ(米)、イガ・シフィオンテク(ポーランド)組を6―4、6―2のストレートで下して優勝した。クレチコバは12日の女子シングルス決勝で四大大会初優勝を飾っており、全仏の女子では2000年大会のマリー・ピエルスさん(仏)以来、史上7人目の単複2冠を達成した。

無断転載・複製を禁じます
2121604 0 その他 2021/06/13 21:02:00 2021/06/13 21:07:22 2021/06/13 21:07:22 Czech Republic's Barbora Krejcikova, right, and compatriot Katerina Siniakova hold the cup after defeating USA's Bethanie Mattek-Sands and Poland's Iga Swiatek in their women's doubles final match of the French Open tennis tournament at the Roland Garros stadium Sunday, June 13, 2021 in Paris. (AP Photo/Thibault Camus) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210613-OYT1I50086-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)