読売新聞オンライン

メニュー

世界柔道、混合団体で日本4連覇…決勝でフランスを4―0で破る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 柔道の世界選手権ブダペスト大会は13日に最終日を迎え、混合団体で日本は決勝でフランスを4―0で破り4連覇を達成した。

 第7日の12日は、男子100キロ超級で影浦心(日本中央競馬会)が初の金メダル。この階級では2003年の棟田康幸以来、18年ぶりに日本勢が世界選手権を制した。女子78キロ超級は、朝比奈沙羅(ビッグツリー)が冨田若春(コマツ)との決勝を制し、18年以来2度目の優勝を果たした。

 日本の個人戦14階級の金メダルは5個(女子3、男子2)。日本の東京五輪代表内定者は出場しなかった。

無断転載・複製を禁じます
2121895 0 その他 2021/06/14 06:57:00 2021/06/14 13:58:21 2021/06/14 13:58:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)