読売新聞オンライン

メニュー

引退した五郎丸さん「ラグビーは人生そのもの。後悔は一つもない」…今後は会社経営携わる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

引退会見で笑顔を見せる五郎丸さん(浜松市で)
引退会見で笑顔を見せる五郎丸さん(浜松市で)

 今季限りで現役を引退したラグビー元日本代表の五郎丸歩さん(35)が14日、浜松市内で記者会見を開き、「ラグビーは人生そのもの。やり尽くしたし、後悔は一つもない」と心境を語った。今後は、長くプレーしたヤマハ発動機が、2022年1月に開幕する新リーグに向けて設立する新会社の経営に携わる。

 15年のワールドカップで、南アフリカを破る歴史的金星など日本の3勝に貢献した五郎丸さんは、今季開幕前に引退を表明。チーム最終戦はけがで出場できず、「これもプロの厳しさ。出られなかった悔しさを次のステージの最大の活力にしたい」と話した。

 引退後については、「(指導者の道と)非常に悩んだが、プロクラブを作る発想がラグビー界にはなかった。先陣を切ってやることにワクワクしたので、この道を選んだ」とした。チケット販売などを手がける予定で、「最終的には社長になれるまでの実力をつけたい」と夢を語った。

無断転載・複製を禁じます
2123421 0 その他 2021/06/14 18:25:00 2021/06/14 22:22:22 2021/06/14 22:22:22 引退会見で笑顔を見せる五郎丸選手(14日午前11時38分、浜松市中区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210614-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)