読売新聞オンライン

メニュー

「幸せな体操人生だった」…リオ団体「金」、白井健三が現役引退を表明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 体操男子の2016年リオデジャネイロ五輪団体金メダリストで、世界選手権でも個人種目別のゆかを3度制した白井健三選手(24)(日体大教)が16日、現役引退を表明した。選手生活よりも後進の育成にやりがいを感じ始めたといい、横浜市内で開いた記者会見で「未練は一つもない。幸せな体操人生だった」と晴れ晴れとした表情で語った。

リオデジャネイロ五輪の体操団体で金メダルに輝いた白井健三(右から2人目)
リオデジャネイロ五輪の体操団体で金メダルに輝いた白井健三(右から2人目)

  白井選手は17歳で出場した13年世界選手権のゆかで優勝し、五輪も合わせて日本の体操史上、最年少金メダリストとなった。突出した横回転技の技術で「ひねり王子」と呼ばれ、17年世界選手権でもゆかと跳馬で金メダル。主要国際大会で発表し、成功させた新技は計六つで、いずれも「シライ」の名がつく形で国際体操連盟に認定された。

引退発表記者会見で花束を贈られ、笑顔を見せる体操男子の白井健三選手(16日午後、横浜市青葉区で)=須藤菜々子撮影
引退発表記者会見で花束を贈られ、笑顔を見せる体操男子の白井健三選手(16日午後、横浜市青葉区で)=須藤菜々子撮影

 近年は足のけがなどもあって低迷し、東京五輪代表入りを逃した。今後は母校の日体大で指導に当たるとして、「経験したことを伝えていきたい」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
2128655 0 その他 2021/06/16 15:17:00 2021/06/16 22:19:13 2021/06/16 22:19:13 現役引退を記者会見で花束を受け取り、笑顔を見せる体操男子の白井健三選手(16日午後3時6分、横浜市青葉区で)=須藤菜々子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210616-OYT1I50150-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)