読売新聞オンライン

メニュー

柔道・世界女王「痛がっているまま置いていけない」、相手背負って畳下りる姿に称賛

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 13日まで開催された柔道世界選手権ブダペスト大会で、女子78キロ超級で朝比奈沙羅(24)(ビッグツリー)が2度目の世界女王に輝いた。医者を志し、競技との両立を目指している朝比奈は、試合後の行動でも称賛を浴びた。

 決勝では、初出場の冨田 若春わかば (コマツ)との日本人対決が実現。足技で攻める朝比奈に対し、冨田も担ぎ技で対抗し、延長戦にもつれ込んだ。両者とも指導が二つ重なった試合時間9分過ぎ、冨田が担ぎ技を仕掛けた際に左膝を痛めて歩けなくなった。主審は冨田に指導を与え、朝比奈の反則勝ちを宣告。優勝した朝比奈はけがで動けない冨田を背負い、畳に一礼して会場を去った。

試合後、負傷した冨田を担いで退場する朝比奈(AP)
試合後、負傷した冨田を担いで退場する朝比奈(AP)

 冨田は「自分の足で畳を下りたかったのが本音。ただし、朝比奈選手にはとても感謝しています」とコメント。朝比奈は代表取材に「置き去りには出来なかった。日本チームの一員として、痛がっているまま置いてはいけない」と語った。全日本柔道連盟の山下泰裕会長も「自然に出た行為だと思うが、柔道が改めて『勝った、負けた』だけではないことを認識させてくれた」とたたえた。

 朝比奈は東京五輪代表を逃した後、昨年4月に独協医大医学部に入学。実習や課題などで十分に稽古の時間が取れず、昨年12月の全日本女子選手権では初戦敗退を喫していた。並々ならぬ意欲を持って臨んだ今大会。強さだけでなく、優しさを兼ね備えたその振る舞いは、世界女王にふさわしかった。(松田陽介)

無断転載・複製を禁じます
2149065 0 その他 2021/06/23 14:38:00 2021/07/25 20:04:26 2021/07/25 20:04:26 Sarah Asahina, in white, of Japan takes her compatriot Wakaba Tomita off the track on her back after Tomita's eyes injured during their bronze medal bout in women's 78kg category of World Judo Championships in Papp Laszlo Budapest Sports Arena, Budapest, Hungary, Saturday, June 12, 2021. (Zsolt Szigetvary/MTI via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)