読売新聞オンライン

メニュー

ジョコビッチ16強入り、マリーはストレート負け…ウィンブルドン

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男子シングルス3回戦を突破したジョコビッチ(2日)=横山就平撮影
男子シングルス3回戦を突破したジョコビッチ(2日)=横山就平撮影

 【ロンドン=岡田浩幸】テニスのウィンブルドン選手権は2日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルスは第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第5シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)らが順当に16強入りを決めた。

男子シングルス3回戦 試合中に転倒したマリー(2日)=横山就平撮影
男子シングルス3回戦 試合中に転倒したマリー(2日)=横山就平撮影
男子シングルス3回戦でマリーを破ったシャポバロフ(2日)=横山就平撮影
男子シングルス3回戦でマリーを破ったシャポバロフ(2日)=横山就平撮影

 元世界ランキング1位のアンディ・マリー(英)は第10シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)に4―6、2―6、2―6のストレートで敗れた。女子シングルスは第2シードのアリナ・サバレンカ(ベラルーシ)らが4回戦に進んだ。女子ダブルス1回戦では日比野菜緒(ブラス)、ケイトリン・クリスチャン(米)組が勝ち上がった。

無断転載・複製を禁じます
2175785 0 その他 2021/07/03 05:51:00 2021/07/05 13:45:41 2021/07/05 13:45:41 男子シングルス3回戦 試合中に転倒したマリー(2日、ロンドンのウィンブルドンで)=横山就平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210703-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)