読売新聞オンライン

メニュー

メドベージェフ逆転負け、フルカチュが初のベスト8…ウィンブルドン

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男子シングルス4回戦を突破したフルカチュ(6日、ロンドンのウィンブルドンで)=横山就平撮影
男子シングルス4回戦を突破したフルカチュ(6日、ロンドンのウィンブルドンで)=横山就平撮影

 テニスのウィンブルドン選手権は6日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われた。男子シングルス4回戦で、第2シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)が、雨の影響による2日がかりの試合の末に、第14シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)にフルセットで逆転負けした。フルカチュは四大大会初のベスト8。

 女子シングルス準々決勝は、第2シードのアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)が、第21シードのオンス・ジャブール(チュニジア)を6―4、6―3で下し、四大大会で初めて4強入り。ノーシードのビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)に圧勝した第8シードのカロリナ・プリシュコバ(チェコ)と決勝進出を懸けて対戦する。

 2018年の覇者アンゲリク・ケルバー(独)と第1シードのアシュリー・バーティ(豪)もともにストレート勝ちし、準決勝に進んだ。

無断転載・複製を禁じます
2185281 0 その他 2021/07/07 02:25:00 2021/07/07 02:25:00 2021/07/07 02:25:00 男子シングルス4回戦を突破したフルカチュ(6日、ロンドンのウィンブルドンで)=横山就平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210707-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)