読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

陸上男子100m、小池祐貴が10秒19で優勝…スタート出遅れても後半しっかり加速

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上の全日本実業団対抗選手権第2日が25日、大阪市のヤンマースタジアム長居などで行われ、男子100メートル決勝で東京五輪代表の小池祐貴(住友電工)が10秒19(向かい風0・5メートル)で優勝を飾った。

 同じく東京五輪代表の多田修平(同)、山県亮太(セイコー)が決勝を棄権した中、小池は号砲直前にふくらはぎに違和感を感じて手が動くアクシデントでフライングの警告を受け、仕切り直しのスタートでも出遅れた。それでも後半にしっかりと加速し、ゴール直前で坂井隆一郎(大阪ガス)をかわして0秒02差で競り勝ち、「思い通りのレースとはいかなかったが、とりあえず勝ててホッとしてます」と笑顔で振り返った。

 今夏の五輪は100メートル予選敗退と不本意な結果に終わったが、来年の世界選手権(米オレゴン州)に向け、「ファイナルを目指して頑張りたい」と力を込めた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2393832 0 その他 2021/09/25 16:02:00 2021/09/25 16:02:00 2021/09/25 16:02:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)