読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

男子110m障害、金井大旺が大会新でV…全日本実業団対抗

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男子110メートル障害で優勝した金井大旺(手前)(26日)=川崎公太撮影
男子110メートル障害で優勝した金井大旺(手前)(26日)=川崎公太撮影

 陸上・全日本実業団対抗選手権最終日(26日・大阪ヤンマースタジアム長居ほか)――男子110メートル障害は東京五輪代表の金井 大旺たいおう (ミズノ)が13秒48の大会新記録で優勝した。女子5000メートルは萩谷楓(エディオン)が日本歴代4位の14分59秒36で日本人トップの4位。男子200メートルは小池祐貴(住友電工)が20秒55(追い風参考)で制し、同5000メートルでは青木涼真(ホンダ)が13分21秒81で日本人トップの2位に入った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2395963 0 その他 2021/09/26 22:00:00 2021/09/26 22:00:00 2021/09/26 22:00:00 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会・男子110メートル障害で優勝した金井大旺(右)(26日、ヤンマースタジアム長居で)=川崎公太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210926-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)