読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

WBAミニマム級元王者・星野敬太郎さん死去、52歳…日本初の「師弟世界王者」で注目

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級元王者の星野敬太郎さんが今月、沖縄県内の自宅で死去したことが10日、関係者への取材でわかった。52歳だった。

星野敬太郎さん(右)(WBAミニマム級タイトルマッチで、2000年12月6日撮影)
星野敬太郎さん(右)(WBAミニマム級タイトルマッチで、2000年12月6日撮影)

 神奈川県出身。1988年にプロデビューし、2000年に同級王座を獲得。ジム会長はWBAフライ級元王者の花形進氏で、日本で初めて誕生した師弟での世界王者として注目された。03年に引退し、岐阜県内に開いたジムを閉鎖後はボクシング界を離れていた。戦績は、23勝(6KO)10敗。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2433482 0 その他 2021/10/10 17:44:00 2021/10/10 18:03:02 2021/10/10 18:03:02 WBAミニマム級タイトルマッチ 5R、挑戦者 星野敬太郎(右)がチャンピオン ガンボア小泉(フィリピン)に左ストレートを放つ。(パシフィコ横浜国立大ホールで2000年12月6日) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211010-OYT1I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)