読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

講道館柔道十段の醍醐敏郎氏が死去、95歳

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 講道館柔道十段、全日本柔道連盟元理事の醍醐敏郎(だいご・としろう)氏が10日、誤嚥(ごえん)性肺炎で死去した。95歳だった。告別式は家族葬で執り行う。後日、講道館がお別れの会を行う予定。

 千葉県出身。1951年と54年の全日本選手権で優勝。引退後は警視庁師範などを経て76年モントリオール、84年ロサンゼルス両五輪で日本代表監督を務めた。2006年に安部一郎、大沢慶己の両氏とともに、講道館柔道で事実上最高段位の十段に昇段した。醍醐氏の死去で、存命する十段はこの2人になった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2436301 0 その他 2021/10/11 23:29:00 2021/10/11 23:29:00 2021/10/11 23:29:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)