東京オリンピックで泣きながら馬にムチ…批判高まり近代五種から馬術を除外

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【トリノ(イタリア)=岡田浩幸】国際近代五種連合(UIPM)は4日、競技の5種目から馬術を除外すると発表した。競技の人気と信頼性を高めるための変革で、馬術に代わる新種目を決め、2028年ロサンゼルス五輪から新種目での実施を目指す。

 近代五種はフェンシング、水泳、馬術、レーザーラン(射撃とランニング)の合計得点を争う競技で、五輪では1912年ストックホルム大会から行われている。馬術で乗る馬は抽選で決まるが、東京五輪で女子のドイツ代表選手が馬をうまく操れずに泣きながらムチでたたいたり、同代表コーチが馬を殴ったりして競技への批判を受けていた。

近代五種の馬術競技
近代五種の馬術競技

 UIPMは「新種目の導入は新鮮な刺激をもたらし、五輪での近代五種の地位を強固にする」としている。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2496594 0 その他 2021/11/05 12:05:00 2021/11/06 00:20:02 2021/11/06 00:20:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211105-OYT1I50072-T-e1636092415917.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)