読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

83歳の堀江謙一さん、最高齢での太平洋無寄港横断に挑戦…来年3月出航へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 海洋冒険家の堀江謙一さん(83)が来年3月中旬から6月初旬にかけて、ヨットで米サンフランシスコから日本まで単独での太平洋横断に挑戦することを明らかにした。堀江さんは24日に都内で行われた記者会見で、「100歳まで航海を続けるつもりだが、本当に100歳で元気かどうか分からない。今僕自身が元気で、チャンスを逃したくはない」と語った。

海洋冒険家の堀江謙一さんがヨットによる単独無寄港太平洋横断に再び挑戦すると発表。来年3月中旬から6月初旬にかけて、米サンフランシスコを出発して日本を目指す
海洋冒険家の堀江謙一さんがヨットによる単独無寄港太平洋横断に再び挑戦すると発表。来年3月中旬から6月初旬にかけて、米サンフランシスコを出発して日本を目指す

 堀江さんは1962年、小型ヨット「マーメイド号」で兵庫県の西宮港からサンフランシスコを単独無寄港で横断。航海記として同年、出版した「太平洋ひとりぼっち」がベストセラーとなり、堀江さんは菊池寛賞を受賞。翌年には石原裕次郎主演で映画化もされた。

 その後も73~74年の西回りの単独無寄港世界一周など挑戦を続けてきた。今回は、2008年に成功した波浪推進船によるハワイから紀伊水道までの航海以来14年ぶりのチャレンジ。約2か月半かけて、60年前とは逆のコースで新西宮ヨットハーバーに向かう。成功すれば世界最高齢での単独無寄港太平洋横断となる。

 今回は、船体が約5・8メートルの「サントリーマーメイド3号」を新たに建造。初代マーメイド号の設計者の息子でヨットデザイナーの横山一郎氏が設計した。

 体力維持の 秘訣ひけつ について、堀江さんは「日頃の生活では暴飲暴食をしないこと。ヨットの航海をすることで体も自然に鍛えることになる」などと語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2546686 0 その他 2021/11/25 12:19:00 2021/11/25 12:19:00 2021/11/25 12:19:00  海洋冒険家の堀江謙一さん(83)が24日、ヨットによる単独無寄港太平洋横断に再び挑戦すると発表した。来年3月中旬から6月初旬にかけて、米サンフランシスコを出発して日本を目指す。1962年に世界を驚かせた「太平洋ひとりぼっち」の航海から60年。成功すれば世界最高齢での達成となる=東京都港区(了)【編注】堀江謙一(ほりえ・けんいち) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211125-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)