有終の美を飾ったF1マシン「レッドブル・ホンダ」など展示…25日にライブミーティングも

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 自動車レースF1のドライバーズ部門で年間王者に輝いたマックス・フェルスタッペン選手が乗ったマシンなど、国内外で今年活躍したホンダのレースマシンの展示会が、東京・青山のホンダ本社1階「ウエルカムプラザ青山」で開かれている。

レッドブル・ホンダのマシンを見物する来場者(ウエルカムプラザ青山で)=長野浩一撮影
レッドブル・ホンダのマシンを見物する来場者(ウエルカムプラザ青山で)=長野浩一撮影

 ホンダにとって今年は4期31年にわたって参戦したF1の最終年だった。会場には、1991年のアイルトン・セナ(マクラーレン・ホンダ)以来、30年ぶりにチャンピオンとなったフェルスタッペン選手のレッドブル・ホンダや、7年ぶりに日本人ドライバーとしてF1に参戦し、最終戦で4位に入った角田裕毅選手のアルファタウリ・ホンダを展示している。

 側面に「医療従事者の皆様 ありがとうございます!」と大きくメッセージを掲げ、全日本スーパーフォーミュラ選手権で初の年間王者となった野尻智紀選手(TEAM MUGEN)のSF19(16号車)も間近で見学できる。

 二輪も、世界最高峰のモトGPに参戦したRC213Vや、トライアル世界選手権で15連覇したトニー・ボウ選手(スペイン)のCota4RT、全日本ロードレース選手権(ST1000クラス)で年間王者となった渡辺一馬選手のCBR1000RR-Rなど8台が見られる。

 28日まで。25日午後6時から、今年国内王者になった小川友幸選手(トライアル)、山本鯨選手(モトクロス)、野尻選手を呼んで話を聞くイベントを開催する。会場で観覧できる100人をウエルカムプラザ青山のサイトで募集している。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2602181 0 その他 2021/12/16 16:00:00 2021/12/16 16:00:00 2021/12/16 16:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211215-OYT1I50129-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)