39歳の福士加代子「おもしろい競技生活でしたっ!!」…1月の大阪ハーフマラソンで引退

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上女子長距離で2004年アテネ大会から4大会連続で五輪に出場した福士加代子(39)(ワコール)が22日、来年1月30日の大阪ハーフマラソン(大阪)を最後に現役を引退する意向を表明した。

福士加代子
福士加代子

 所属先がホームページ上で発表した。青森・五所川原工高から2000年にワコールに入社し、日本選手権では04年から4年連続で5000メートル、1万メートルの2冠を達成。五輪にはアテネ大会から12年ロンドン大会までトラック種目で出場し、「トラックの女王」と呼ばれた。08年からマラソンに挑み、13年世界選手権で銅メダル。16年リオデジャネイロ五輪は14位だった。

 来年1月16日の全国都道府県対抗女子駅伝(京都)にも出場予定。福士は「おもしろい競技生活でしたっ!! あと2つのレースを今までと変わらず、全力で楽しんで走りたい」などとコメントした。引退後も同社陸上部に残り、活動を続ける方針という。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2620064 0 その他 2021/12/22 17:13:00 2021/12/22 17:13:00 2021/12/22 17:13:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211222-OYT1I50106-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)