「とても失望している」「豪州に滞在できなくなった」…ジョコビッチ全豪断念、裁判所が訴え却下

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ハノイ=安田信介】男子テニスで世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手(セルビア)のビザ(査証)をオーストラリア政府が再度取り消した問題で、豪州の裁判所は16日、政府の措置を不服としたジョコビッチ選手側の訴えを却下した。豪紙オーストラリアン(電子版)などが伝えた。ジョコビッチ選手は17日開幕の全豪オープンの出場を断念した。

当初は4630万円返還に応じる姿勢…町職員と銀行到着後、態度を一変「今日は手続きしない」
16日、オーストラリア・メルボルンで、隔離ホテルから裁判所へと向かうジョコビッチ選手(ロイター)
16日、オーストラリア・メルボルンで、隔離ホテルから裁判所へと向かうジョコビッチ選手(ロイター)

 ジョコビッチ選手は声明で、「とても失望している。豪州に滞在できなくなった」として、全豪オープン出場断念の意向を表明した。「裁判所の決定を尊重し、退去について関係当局に協力する。大会の成功を祈りたい」とも強調した。ロイター通信によると、ジョコビッチ選手は16日夜、国外退去した。

 豪州のスコット・モリソン首相は、「入国管理を厳しく保ち、国民の安全を維持する(裁判所の)決定を歓迎する」との声明を出した。

 ジョコビッチ選手は今月5日、新型コロナウイルスのワクチンを接種しないまま豪州に到着し、入国を拒否された。その後、裁判所が当局の聴取のやり方を問題視し、入国拒否の取り消しを認めた。だが、アレックス・ホーク豪移民相が再度、ビザを取り消すなど、豪州側の対応が揺れていた。

 16日の裁判所の審理では、豪政府は、ワクチンを接種していないジョコビッチ選手が国内に滞在すれば、反ワクチン感情を助長するといった主張を展開した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2678412 0 その他 2022/01/16 19:40:00 2022/01/16 21:52:42 2022/01/16 21:52:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220116-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)