男として再挑戦のリング…元女子ボクサー、真道ゴーの葛藤〈1〉 スポーツストーリー「LIFE」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今年4月、あるボクサーが異例の挑戦を表明した。元世界ボクシング評議会(WBC)女子フライ級王者、 真道しんどう ゴー(34)(グリーンツダ)。性同一性障害を抱えて女子の頂点を極め、現役引退から5年を経て、男子としてリングに立つ覚悟を決めた。国内では前例のない〈いばらの道〉をあえて進む訳は、「彼」の足跡をたどれば見えてくる。

男として強さ極める…元女子ボクサー、真道ゴーの葛藤〈5〉 スポーツストーリー「LIFE」
男子プロボクサーとして現役復帰を目指す真道。鍛え上げた腕から繰り出すパンチは重く、力強い(大阪市旭区のグリーンツダジムで)=前田尚紀撮影
男子プロボクサーとして現役復帰を目指す真道。鍛え上げた腕から繰り出すパンチは重く、力強い(大阪市旭区のグリーンツダジムで)=前田尚紀撮影

 「何で、パパはボクシングせんの?」

 きっかけは昨夏、知人の試合観戦中に3歳の長男が発した、何げない一言だった。

 2008年から9年間の現役時代は、11KOを含む16勝(4敗)。好戦的なスタイルで13年にWBCフライ級王座を獲得、2度防衛し、一時代を築いた。

 グラブを置いたのは17年だった。体は女でも、心は男。交際していた亜由佳(38)と結婚するため、17年、性別適合手術で体を男に変え、戸籍上も「男」になった。女子で選手は続けられない。7月に挙式。秋に開いた引退記者会見で男でもボクサーになると意欲を見せたが、「本気度を問われたら半々くらい」だった。

 それから3児の父になった。現役中に和歌山市内に設立した障害者福祉サービス会社の社長として、仕事に没頭し、夫、そして父として家庭を支えた。年々、ボクシングへの情熱は失われ、グラブにも触れなくなった。「男らしさ」を追求し、しなやかな肉体のボクサーとはかけ離れた、筋肉隆々の体になっていた。

 長男の一言にハッとさせられたのは、コロナ禍で経営に不安を感じて夜も眠れず、事務所でぼーっとする時間が増えた頃だった。

いばらの道の先にある喜び

WBCのチャンピオンベルトを肩にかける女子ボクサー時代の真道(2013年11月)
WBCのチャンピオンベルトを肩にかける女子ボクサー時代の真道(2013年11月)

 「様々な特性がある子供が生きやすい環境を作りたい」。そんな使命感から、障害がある児童らを、デイサービスなどで支援してきた。大切にしていたのは、大人が生き生きと輝く背中を見せること。自問した。「自分はどうなんや。ずっとモヤモヤして、全然、輝いてないやんか」

 男として、男と本気で戦ってみたい――。心の奥底にしまい込んでいた夢に気づいた。

 決意を固めるのに時間はかからなかった。「自分のやりたい事に挑戦する、生きざまを見せたい。アホちゃうかと周りに言われたとしても」。亜由佳に打ち明けると、背中を押してくれた。「ええんやない。あなたは自分で決めたことを曲げないでしょ。私も、もう一度見たい気がする」

 プロテストの受験資格の上限は34歳。年齢制限を超える22年7月18日まで、1年を切っていた。性別を変えた自分が、テストを受けられるかどうかも分からない。でも、迷わなかった。

 「性同一性障害として生まれて、いろんなことに傷ついて生きてきた。だからこそ自分には分かる。いばらの道の先にある喜びが」

 未開の地を切り開く挑戦のゴングが、鳴った。(敬称略)

スポーツストーリー「LIFE」

 つまずいたり、転んだりしながら競技人生を歩んできたアスリートたちの内面に迫ります。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3123419 0 その他 2022/06/29 12:30:00 2022/06/29 15:53:23 2022/06/29 15:53:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220628-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)