来春プロレス引退の武藤敬司さん、報告受けた馳浩知事は「試合出なくてもいいの?」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 プロレスラーの武藤敬司さん(59)が4日、石川県庁を訪れ、プロレスラーとしても活躍した馳浩知事に来春で引退することを報告した。

グータッチをして武藤さん(左)をねぎらう石川県の馳浩知事(4日、石川県庁で)
グータッチをして武藤さん(左)をねぎらう石川県の馳浩知事(4日、石川県庁で)

 武藤さんは1984年に新日本プロレスに入門し、40年近く、リングに立ち続けてきた。現在は両膝に人工関節を入れているといい、引退の理由に体力の限界を挙げた。

 武藤さんは「(引退に向けて)今後、協力をお願いするかもしれない」と話すと、馳知事が「(自分は試合に)出なくてもいいの?」と冗談を飛ばす場面もあった。その後は、今月末に現在所属する「プロレスリング・ノア」が県内で行う興行もPRしていた。

 馳知事は「長年体を酷使してきたのだから、いったん引退して2、3年に1回ぐらい試合したらいい」と引退を決めた武藤さんをねぎらっていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3141807 0 その他 2022/07/05 13:05:00 2022/07/05 13:24:22 2022/07/05 13:24:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220705-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)