池田、今平5アンダーで首位に浮上…ダンロップフェニックス第2日

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ゴルフ・ダンロップフェニックス第2日(22日・宮崎フェニックスCC=7027ヤード、パー71)――池田勇太が通算5アンダーとし、賞金ランキングトップの今平周吾とともに首位に浮上した。昨年覇者の市原弘大が3アンダーの5位につけた。松山英樹は1番パー4で9打をたたき、1アンダーの13位に後退。石川遼は5オーバーの49位。18オーバーの81位で予選落ちした65歳の中嶋常幸は、この大会の出場を今年限りにすると明言した。

無断転載禁止
913243 0 ゴルフ 2019/11/22 19:37:00 2019/11/22 19:37:00 2019/11/22 19:37:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ